energyenergy

ハウジング事業

何よりもお客様の暮らしやすさを最優先にし、
再生可能エネルギーを活用したこれからの居住空間をご提案。

地球温暖化に影響を及ぼすガスの排出量削減が課題とされている現在、エコライフエンジニアリングは、社会環境にも人々にもやさしい快適な居住空間のご提案に取り組んでいます。ハウジング事業では、お客様第一主義のリフォームを行うことはもちろんのこと、住宅の省エネルギー化を目指し、高い断熱性能をベースに太陽光発電を組み合わせた、これからの時代に適したゼロエネルギーハウスをご提案。さらに、AI(人工知能)とIOT(Internet of Things)製品などの最先端技術による未来を見据えた快適な居住空間をご提供いたします。

住宅用エネルギー設備

住宅用エネルギー設備

確かな技術でエネルギーコストを削減。

エコライフエンジニアリングは創業(1974年)以来44年にわたり延べ1万件を超える住宅設備工事を行ってまいりました。住宅設備も省エネ改良が日進月歩に進む中、弊社は、常に技術を磨くことでお客様に満足いただける施工をおこなってまいりました。また、住宅用太陽光発電は、ソーラーパネルが販売され始めた当初の15年前から販売・施工を行っており、現在では、創エネ、省エネ、蓄エネなどオール電化のパイオニアとして多くのお客様にご満足いただいております。

創エネルギー

ソーラーパネルを屋根に搭載する場合、屋根への負荷や工事時に屋根の破損など、不安要素があるかと思いますが、弊社は豊富な設置実績から、様々な屋根への設置経験から安心してお任せいただけます。

施工実績を見る

省エネルギー

住宅の省エネ化も、地球に優しい環境のために必要なことです。弊社は、生活の消費エネルギーを抑えた住宅環境を整えています。火を使わずに大気中の熱を効率良く集めてお湯を沸かす給湯器「エコキュート」や、ソーラーパネルの発電によって蓄えたエネルギーを有効に活用できるIHクッキングヒーターを導入したオール電化など、高効率機器の導入を推進し、住まいの省エネ化を実現します。

住宅用エネルギー設備

蓄エネルギー

蓄エネについては、リチウムイオン電池の価格がまだまだ高いことから、導入を控える方が多くいらっしゃいましたが、リチウムイオン電池は補助金の対象となります。また、弊社では、海外メーカーとの提携も視野に、品質の良い低価格の家庭用蓄電池の日本への導入を計画いたしております。

リフォーム

リフォーム

個々のライフスタイルに合わせた満足感のゆく住まいを実現。

エコライフエンジニアリングがご提案するリフォームは、お客様のご要望を最大限に実現すること。たとえば、孫を含めての三世代が心地よく暮らせるバリアフリーな間取り。浴室はインテリアに溶け込む手すりの設置や、汚れがつきにくい材質の選択。子供達やお客様が集いやすいダイニングキッチンの設計など様々な希望を形にします。また、安全性を高めながらも、エネルギー量を最小限化する光熱費を抑える設備も実現。PanasonicリフォームClubの加盟店であるため、あらゆる角度からお客様のご要望をかなえます。

  • リフォーム
  • リフォーム
  • リフォーム
スマートハウス

スマートハウス

エネルギーの収支をゼロ&プラスにする住まいを目指して。

スマートハウス(ゼロ・ハウス・エネルギー)は、住まいの断熱性を高め、省エネ性能を上げること、さらに太陽光発電などでエネルギーをつくることにより、年間の空調や給湯、照明、換気など、一次エネルギー消費量がネット(正味)でゼロ、または概ねゼロとなる建築物です。「省エネ法」で定める断熱性能、自然エネルギーなどを取り入れた先進性が認められる設計手法・制御機構が不可欠とされています。エコライフエンジニアリングは、再生可能エネルギーを効率よく用いることで、これからの住まいの中心となるスマートハウスのご提案も行っています。

  • スマートハウス
  • スマートハウス

経済産業省によるゼロ・エネルギー・ハウスの定義

「建築物における一次エネルギー消費量を、建築物・設備の省エネ性能の向上、エネルギーの面的利用、オンサイトでの再生可能エネルギーの活用等により削減し、年間での一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロ又は概ねゼロとなる建築物 (経産省資料より抜粋)

ゼロエネルギーハウス認可の要件

経済産業省によってネット・ゼロ・エネルギー・ハウスと認可されるためには、他の4つの要件も満たしている必要があります。

  • ①一定の断熱性能
    断熱性能が「省エネ法」(「エネルギーの使用の合理化に関する法律」)で定める基準値以下であることが必要です
  • ②自然エネルギー
    「ゼロエネ住宅」特有の要件で、自然エネルギー等を取り入れた、先進性が認められる設計手法・制御機構が不可欠とされています。
  • ③計測装置
    「エネルギー使用量」と「創エネルギー量」を計測してデータを蓄積、表示できる計測装置の導入が必要です。
  • ④太陽光発電システム
    ゼロエネ住宅には「創エネ」が不可欠なため、太陽光発電システムも必須条件に挙げられています。

※エコライフエンジニアリングは、ゼロエネルギーハウスビルダーです。

株式会社エコライフ
エンジニアリング
登録
種別
ZEHビルダーの
識別
ZEH普及目標<自社が受注する住宅のうちZEH(Nearly ZEHを含む)が占める割合>
平成28年度(2016年度) 平成29年度(2017年度) 平成30年度(2018年度) 平成31年度(2019年度) 平成32年度(2020年度)
登録名称(屋号) B 新築注文住宅
新築建売住宅
即築回収
80% 0% 100% 100% 100%
実績報告
達成率
新築注文 0% 0%
新築建売 0% 0%
即築改修 0% 0%
全体 0% 0%

横にスクロールしてご覧ください。