木質バイオマス発電

エコライフエンジニアリングは、森林再生にも環境にもやさしい小規模木質バイオマス発電をご提案します。
小規模木質バイオマス発電は、国が推進している施策で、間伐材や林地残材を利用した場合、固定買取価格が優遇されています。小規模バイオマス発電では、地域の活性化、森林の再生、CO2削減など社会的貢献に寄与することで企業(発電事業者)のCSR向上に繋がります。



日本の森林の現状とバイオマス利用


  • ・人工林を中心に年々蓄積量が増加。資源として本格的な利用が可能な段階。

  • ・木材自給率は3割以下。林地残材は年間約2,000万m3発生。供給に係るコスト低減や需要創出による有効利用が喫緊の課題であり、課題改善に寄与。

  • ・木質バイオマスの利用拡大を通じて、国土の保全、水源のかん養、地球温暖化の防止、地域活性化等に寄与。



日本の森林の現状とバイオマス利用

我が国の森林資源(蓄積)の推移
我が国のバイオマス発生量と利用率(平成22年)


小規模な木質バイオマス発電の効果


1 森林・林業・木材産業へのメリット

  • ・地域に賦存する未利用材等の資源の有効活用により、地域内での燃料調達から、林業の雇用創出と地域に経済効果をもたらす。

  • ・林業者、木材加工業者、発電事業者、地域住民等が「顔の見える関係」 となり、地域密着型の取組として発電所の安定的な稼働につながる。

  • ・森林の適切な整備・保全につながり、森林の多面的機能の発揮がなされる。


2 地域住民の生活等へのメリット

  • ・未利用材に新たな価値が生まれ地域林業の再生となることにより、若者の定住の増加にも貢献する。

  • ・自立分散型エネルギーの導入により、災害時や非常時における電源として活用できる。

  • ・発電時に生ずる熱を道路等の融雪や冷暖房等に利用が可能となる。


(農林水産省資料より抜粋)

地域との密接な繋がりが安定稼働のポイント


小規模な木質バイオマス発電は、より地域の実情に即した地域と一体となったの取組であり、地域に賦存する 資源の最大限の活用と、それに伴う地域への利益還元につながる事業となることが重要なポイント。



事業化への課題と解決

事業の枠組み

エコライフエンジニアリングが提案する新しいシステム


従来の小型直燃式ボイラーやガス化ボイラーでは、事業収益上の課題がいわれておりますが、弊社では、新しいシステムとして、高温発生装置(特許申請中)を組み込んだ発電システム(現在メーカーと評価中)により小規模でも高収益(従来比)を得ることが可能なシステムを提案いたします。
詳細は、弊社木質バイオマス担当にお問い合わせください。